野ネズミ雑記。

サクラサク。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

決定!

 さだまさし国民投票、候補決まりました!


  まほろば
  風の篝火
  遙かなるクリスマス


 断腸の思いでここまで絞れました。いや絞りました。

 「まほろば」は絶対に外せない曲なので残しました。故・宮崎康平先生がさださんに
「お前は俺を超えた。ただ、これ以上難しい曲を書くな。客がついて来んぞ」
と言ったという名曲です。康平先生も言った通り、詞が綺麗。
「青丹よし平城山の空に満月」というくだりがたまりません。

 「風の篝火」は実はまんまるさんに言われる迄、残る予定無かったのです。
でもさださんが私の古里、長野県上伊那郡辰野町を舞台に作って下さった
曲ですからね。あと、最近去年やったNHKの「SONGS」のさださんの回
見なおしてて、ギター紹介の中でこの曲の出だし弾いているの聴いたら、
やっぱ外せないなと。綺麗なんですよね旋律が。残念ながら私には
弾けませんが。

 さだロックの中で何を残そうか迷いましたが、「遙かなるクリスマス」となりました。
いや「まほろば」もさだロックですけどね。どうしても私ラストで絶叫する系の
曲が好きらしい。さださんは寿命削っていそうな^^。好きな部分は歌詞の
「いえいっそ世界中が不幸ならと願う僕がいる」です。悲観主義者じゃないつもりですけど、
結構この言葉共感するんですよね。

 さて、忘れないうちに投票します。今日の23:59迄ですからね。

| さださん | 10:20 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

えーしらみ騒動じゃないんですかw私も投票するかなぁ・・・

| zuzu | 2013/05/12 16:29 | URL |

なぜ知ってる^^。

>zuzuさん。

 そんなマイナーな曲を^^。
 ネタ投票なら「ねこ背のたぬき」とか「時代はずれ」とか
「建具屋カトーの決心~儂がジジィになった頃」とか、
上げろと言われれば幾らでも上げますぜ^^。

 zuzuさんのベスト3も気になりますね。
 リストアップ出来たらまたコメント下さいませ。

| 野ネズミ。 | 2013/05/12 16:49 | URL |

結果発表楽しみに待ってました~♪
ありがとうございます!

『まほろば』は本当に歌詩が秀逸!
私は「 黒髪に霜が降るまで~♪ 待てる!」の女性の真情を詠った部分が大好きです。
「白髪になるまでお待ちします」と解釈した輩何ですが、、、野ネズミさんの候補曲『舞姫』に相通ずるものを感じます<(_ _)>


『風の篝火』はごめんなさいです(^_^;)
でも、さだファンにとって辰野町は憧憬の地ですよ~!
あの旋律が流れるだけでホント胸が締付けられます(>_<。)


『遥かなるクリスマス』の「いっそ世界中が不幸なら」は強烈ですよね。好きかどうかはわからないけど、私が勝手にベスト盤を作るなら選曲してるな。
これって好きって事なのか?

色々偉そうに書いてしまいましたが、「好き」に理由を付けるって難しい。。。
野ネズミさんの様に文才があればそう難しくはないのかな?

国民投票の結果楽しみですね(^-^)v

| まんまる | 2013/05/12 22:33 | URL |

コメントありがとうございます。

>まんまるさん。

 長文コメントありがとうございます。

・まほろば
 私は「まほろば」は小学4・5年の時に初聴きだったので、当時は
「黒髪に霜の降る迄」という歌詞の本当の意味
(万葉集 ありつつも君をば待たむ打ち靡くわが黒髪に霜の置くまでに)が
判りませんでした。
 知らない事はこの歳になってもまだまだある様で、馬酔木の花は昨年の春
初めて知りました。木自体は春日大社の萬葉植物園で(修二会のついでに)
10年ちょい前に見ましたが。

・風の篝火
 これは確かにまんまるさんに指摘されたから候補に残りましたが、
辰野町出身者として是非とも投票せねばですよね^^。
 蛍の里、松尾峡の風景は残念ながら環境整備の為、「風の篝火」の頃から
随分変化しました。今は公園施設的になっていますが、勿論昔の水路も
残っていますし、5年ほど前は「降るような」蛍の群れがほたる祭りに発生しました。
 機会があれば是非一度お越し下さい。今年は6月3週位かな。

・遙かなるクリスマス
 近年のさださんのソウルソングで随一だと思います。メッセージ性がとにかく凄い。
「独裁者が倒されたというのに 民衆が傷つけ合う平和とは一体なんだろう」って、
この唄が作られた当時のイラク情勢だし、
「裸の王様に大人達は本当が言えない」は恐らく当時のアメリカ大統領、ブッシュを
暗喩しているんでしょう。
「その隣で自分の幸せばかりを 求め続けている卑劣な僕がいる」これも胸に刺さります。
 未だにこの曲聴くと涙が出ます。

 コメントというよりひとつエントリ上げられる位書いちゃいましたが、
重ね重ね。コメントありがとうございます。さださんについて語れる人は
楽しみです。その気になれば1ヶ月位語れるしね^^。

| 野ネズミ。 | 2013/05/12 23:38 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://nonezakki.blog.fc2.com/tb.php/983-f0ea9ebd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。